本日の人気記事

子どもスポーツ

子どもの体力向上になるためにやることは

投稿日:2018年3月15日 更新日:

「あの子はスポーツが得意なのに、うちの子どもはどうしてスポーツが苦手なの?」子どもが成長するとともに、色んな子どもと出会う機会が増えていくと、そんなことを思う瞬間があるのではないでしょうか。活発に走り回っている子、のんびりと自分のペースで遊んでいる子、本を読むことが好きな子、子ども1人1人に個性があります。しかし、スポーツができるかできないかは目立ってしまうことが多いですよね。「自分はスポーツができない」と子どもが感じてしまうと、スポーツから離れてしまうかもしれません。
「スポーツは楽しいもの。スポーツをやりたい!」と子どもが感じるために、親ができることについて考えていきます。

なぜスポーツが嫌いになってしまうのか

スポーツに競争が生まれたから

幼少期の運動会の競技を考えてみましょう。玉入れや大玉ころがしなど、友達と協力するものが多く、協力することがベースの競技が多いですよね。子どもが成長すると運動会の競技は、リレーや騎馬戦など人と競う競技が増えていきます。競争がメインになっていくことで、スポーツが不得意な子どもが目立っていき、「自分はスポーツが下手だからやりたくない」という気持ちが生まれてしまうのです。

スポーツができる人への劣等感

子どもの頃は、スポーツができる人が注目を浴びる傾向にあります。小学生は、スポーツができると異性から注目されることが多いですよね。大人になればスポーツの得意不得意は関係ないですが、子どもにとっては気になってしまうものです。スポーツが苦手な子はスポーツができる人を見て、「どうせ自分は…」と劣等感が生まれてしまうのです。

子どものスポーツに苦手意識をなくすために親ができること

スポーツをしている子どもを褒める

子どもができていること、できていないこと、得意不得意観察しましょう。球技は得意、鉄棒の逆上がりはできないなどを見つけます。よく観察していると、意外にもできることがたくさんあることに気づけます。「うちの子はスポーツができない。」と悪いところばかりに目を向けるのをやめましょう。
子どもがスポーツでできていることを褒め、子どもに自信を持たせましょう。結果ではなく、頑張っている姿や楽しんでいる姿を見つけ、認めることは子どもの承認欲求を満たします。

親も一緒に身体を動かす

子どもがスポーツをしている姿を見て「〇〇くん・〇〇ちゃんはできるのに。」と比較することは、子どもにスポーツの苦手意識を生みます。まずは、身体を動かすことは楽しいということを伝えましょう。比較は、子どものスポーツのやる気を失わせてしまいます。
「身体を動かすといっても何をすればいいのか、分からない。」という保護者の方には、散歩やかくれんぼ、けんけんなど昔からある遊びを一緒にするのがおすすめです。遊び感覚で身体を動かすことで、身体を動かすことの楽しさを体験してもらいましょう。そこから、少しずつスポーツを体験する機会を作りましょう。

無理にスポーツの習い事をさせない

「スポーツ教室やスクールに通えば、スポーツが好きになるのでは?」思うこともありますよね。スポーツをすることでスポーツの楽しさに気づき、好きになる子もいます。しかし、スポーツをして嫌がる子もいるので、嫌々ではなく子どもが興味を持つスポーツに挑戦させましょう。子どもがスポーツをしたいと思うタイミングでスポーツする機会を作ることが、スポーツが好きになることに繋がります。

スポーツ観戦をする

実際に会場に足を運び、直接スポーツを観戦する機会を作ってみましょう。選手の動きや、会場の雰囲気を体感することでスポーツに興味がわき、スポーツをする意欲が生まれるかもしれません。1つの競技だけでなく、様々な競技があることを伝えましょう。そうするころで、世の中にはたくさんのスポーツがあることで、特定のスポーツに対する苦手意識が少しずつ消えていくかもしれません。

スポーツで頑張っている過程を大切にする

子どもがリフティングを練習している時、すぐにできる子やできるまでに時間が掛かる子がいます。時間が掛かっている子は、自分が中々できないことに悔しさを感じているかもしれません。「リフティングができるように、〇〇して練習頑張っていたね。」と前向きな言葉を掛けてみてください。悔しい時は、一緒に悔しさを共有しましょう。子どもは自分の努力している姿を知ってくれていること、気持ちを分かってくれていることに喜びを感じます。結果論ではなく、過程に目を向けましょう。

子どもがスポーツ嫌いになってしまう背景を考えましょう
「何でサッカーやバスケができないの?」と言いたいこともあるかもしれません。しかし、その一言が子どものスポーツへの苦手意識を生むこともあるのです。
スポーツ嫌いになってしまうには、理由が隠れています。子どもの気持ちになってどうしてスポーツが苦手なのか、どうしたらスポーツをしようと思うのかを考えてみてください。
そして親としてできることを考えることが、子どもにスポーツの楽しさを伝える第一歩になるのかもしれません。

 

-子どもスポーツ
-, ,

関連記事

親子の絆をスポーツで築こう!

小さなころは一緒に遊んでいた子どもも、小学生になり自分の世界が広がってくると、親と一緒に過ごす時間は減っていきます。親も積極的にかかわることが少なくなっていくのではないでしょうか。 子どもの成長はうれ …

大人もハマるリップスティック ブレイブボードが人気沸騰

例年通りですが、遊具で遊ぶ子ども、追いかけっこなどをして遊ぶ子どもやゲームする子どもたち。そして、最近、よく見かけるなというものにリップスティック(ブレイブボード)があります。 小学生に人気ですが、実 …

テニスで体幹を鍛えると勝率が上がる?

近年、スポーツにおいて体幹が大切だという話をよく聞きます。 テニスにとって体幹があるないかはスイングやインパクトの動き、そして持久力にも影響してきます。(参照1) テニス選手の動画を見ていても、ふらふ …

試合当日!実力が発揮できるお弁当作り

子どもが毎日、一生懸命頑張っているスポーツ。親としても何とか手伝ってあげたいですよね。 子どもスポーツ食事の中で実力が大いに発揮できるお弁当はお母さんの専門分野です。食事はスポーツにとって大切なもので …

子どもの能力を伸ばすスポーツとは

子供スポーツをすることによって期待できるのは体力が付くことだけではありません。相手へ対する敬意の気持ちや思いやりの気持ちを学んだり、チームプレーで仲間と協力することの大切さや楽しさを実感できて心を豊か …