本日の人気記事

リップスティック 子ども 体幹 子どもスポーツ

テニスで体幹を鍛えると勝率が上がる?

投稿日:

近年、スポーツにおいて体幹が大切だという話をよく聞きます。

テニスにとって体幹があるないかはスイングやインパクトの動き、そして持久力にも影響してきます。(参照1)

テニス選手の動画を見ていても、ふらふらと体がブレている人はほとんどいません

自然な無駄のないフォームとストロークで強い球を打つ姿に美しささえ感じます。

今回はそんなキレイなフォームをつくるのに欠かせない体幹を鍛えるおすすめのアイテムを調べてみました

 

テニスにはブレない体が重要

最近は様々なサイトから体幹について知ることができます。

体幹の定義は広いようで足から頭までの、腰、背中、腹部、胸などの胴体のコアマッスルとして認識されているようです。

体幹が強くなるとブレの少ない安定した姿勢を保てるようになります。

テニスにおいてもこのブレない体が重要です。

もちろんスポーツには筋肉も必要なのですが、筋肉だけアップしてもその筋肉を動かすための軸がないと、体全体に効率的に力が伝わらない場合が多いのです。(参照2)

 

楽しく体幹を鍛えよう!

そんな重要な体幹を楽しみながら鍛える、おススメの一つがブレイブボード・リップスティックネオです。

テニスでも重要とされている体幹を、練習トレーニングとは別に普段の遊びの中で鍛えることができるとしたらとても楽しそうですね。

「楽しいコソ練(コソコソ練習)」になるかもしれません。

コソ練してることすらわからないくらい楽しいアイテなのです。

 リップスティックネオは、アメリカ発祥の横乗り系ボードの一種です。

タイヤが二輪のみとなっていますが改良を重ね日本人が乗りやすく、そして操作しやすくなっています。

このリップスティックネオは乗って走る爽快感はもちろんですが、初心者でも約30分あれば乗りこなせるようになり、そして自然にバランス力と体幹力を養えるということからも人気が急上昇しています。

詳しくは公式ホームページにてラインナップ、そして基本的な乗り方も紹介されていますのでご確認ください。

 

ツイスト乗りでスムーズな回旋運動を

さてこのリップスティックネオに、ある程度乗れるようになったら基本の乗り方を再度チェックしてください。

基本的な乗り方で、下半身と上半身をツイストしながら進むツイスト乗りがあります。

足で踏み込む感覚、膝、腰、腹部と背部だけではなく腹側部の動きが連動してくるとスムーズな動きとなります。

この乗り方は自然と体幹が鍛えられ、バランス力もアップします。

体を動かせるようになれば安定した下半身と軸を元にした自然且つ力が伝わる上半身の回旋運動に繋がります。(参照3)

特にテニスは体を回旋させてラケットを振り、ボールを打つ運動です。

この回旋時に体のが強いのとそうでないのでは大きな差が出てきます。

フラフラ、グラグラの体でラケットを振っても強いボールを返せない時や、打てないがあります。

また筋力だけで腕を振るより、体の軸を元に全身の動きを利用して振るほうが、足の踏み込みも強くなり、足から腰、胸、背中、肩としっかりとした体幹のでの運動はラケットに力が伝わりボールにもその強さが伝わるのです。

そして効率よく体を使えるようになるため持久力が上がる傾向にあります。

体幹を養うことでより一層テニスのテクニックがあがり、そして試合では勝率を上げていくことも可能となることでしょう。(参照4、5)

 

逆乗りで可動域を広げよう

リップスティックネオの逆乗りという乗り方もかなりおすすめです。

以前この逆乗りをすることでスノーボードのテクニックが上がるという記事を書きました。

平昌オリンピックに出場!國武選手も愛用していたリップスティックとは?

その中で可動域が広がるとできることが増える、だから楽しにもつながるということを書きました。

テニスにおいても同様だと思います。

人には左右で得意不得意があるため、筋肉のつき方、その動かし方にも影響してきます。

テニスの場合は前後左右、ボールが来るあらゆる方向に走って行き、安定した姿勢で打つ体勢に入らなければいけません。

しっかりと踏み込める姿勢も重要です。

バランスを崩した際に即立て直すことも勝率アップの鍵となります。

乗って体幹が鍛えられるだけでなく、逆乗りをすることで不得意な方向にも動けるように体が慣れてきます。

できるだけ苦手な側にも体を動かせるようになることは、自分の体の動ける範囲が広がり、普段使わない手や足の筋肉を効果的に動かせるようになりテニスの質が変わってくるのです。(参照6)

まとめ

今回はブレイブボードリップスティックネオの乗り方とテニスの体幹について私なりにまとめてご紹介いたしました。

特にジュニア世代は楽しむこともレベルアップの重要なキーワードです。

テニスをされてるお子様をお持ちの家庭でなら、子どもたちにあれこれと言い聞かせるよりも、単純に「面白そうだよ!」とリップスティックネオに挑戦してみるのもいいと思います。

部活やスクールのない日、リップスティックネオを抱えて公園やキャンプ、青空のもとで風を感じながら乗る気持ちよさと楽しさはきっと心の解放感が得られることでしょう。

リップスティックネオはその楽しさと解放感とともに体幹を鍛えることができる、とても素敵なアイテムではないでしょうか。

(参照1)テニスで体幹トレーニングをするとスイングが安定しました《はしもんのテニス上達ブログ》

(参照2)体幹とは。鍛えることで得られる効果とプロが教える基本のトレーニング方《グリコ》

(参照3)体幹でプレーの質を高めよう《ソフトテニスのツボ》

(参照4)ストロークの手打ちを防ぐ〜体幹から腕に力を流して打つ方法〜《テニス探求塾》

(参照5)テニスのための体幹トレーニングのメニューとその効果とは?《体幹トレーニング方法NAVI》

(参照6)テニスストローク「左手」を使えば、軸を壊さずバランスよく打てる《テニスの学校》

 

↓↓こちらの記事も読まれています。

体幹トレーニングって小学生にも有効なの?

-リップスティック, 子ども 体幹, 子どもスポーツ
-, , ,

関連記事

子どものバランス感覚を身につける方法

子どもの成長は年齢に応じて違います。 音感は、3~5歳に身に着けると良いと言われ、音楽の道に進む人のほとんどが、幼児期にピアノやヴァイオリンの勉強をします。 運動能力は8~12歳をゴールデンエイジと言 …

くじけない力を身につけさせたい!その方法とは

  子どもの頃についた諦める癖は、大人になってもなかなか直らないものです。くじけない力を身につけるには、やはり小さな頃からの経験や積み重ねが重要です。子どものくじけない力を育てる方法とはどの …

子供の運動神経を良くする方法ってあるの?

親同士の会話で、よくこんなことを耳にします。 「この子はお前に似て運動神経が悪いんだ。」 「あなただって、運動神経なんてよくないでしょ。」 「じゃぁどっちにしても運動はダメだな。」 それは大きな勘違い …

あきらめる子

すぐに諦めてしまうわが子。その時、親はどう対応する

何かを始めてもすぐに諦めてしまう、長続きがしない。子どもの頃にそんな諦める癖がつくと大人になってもなかなか治らないものです。子どもが何かを諦めようとした時、私達親は一体どう対応したら良いのでしょうか。 …

リップスティック(ブレイブボード)の簡単にできる技は?

リップスティック(ブレイブボード)を購入したら すぐにでも乗りこなせるようになりたいですよね。 乗り方のコツや止まり方ももちろんですが、 技が出来たらかっこいいと思いませんか? お子さんに「どうやって …