本日の人気記事

リップスティック

ボンボンTVでリップスティック(ブレイブボード)にトライ!逆さ乗りは難しい?

投稿日:2019年5月9日 更新日:

子どもたちの間で大人気のリップスティック(ブレイブボード)に、同じく子どもたちに大人気のyoutuber、ボンボンTVのよっち、りっちゃん、なっちゃんの3人がリップスティック(ブレイブボード)に挑戦したようです。

リップスティック(ブレイブボード)のことを知っているけどやったことのない3人が、ツイスト乗りと逆さ乗りを練習したあとに50メートル走をして、ビリの人はとてつもなく辛いデスソースを飲むという内容になっています。

リップスティック(ブレイブボード)初心者の3人が上達していく様子がよくわかるので、動画の内容に沿いながらリップスティック(ブレイブボード)の乗り方について紹介していきます。

ツイスト乗り

リップスティック(ブレイブボード)の乗り方で基本的なツイスト乗りを動画の序盤でやっていましたね。

よっちは典型的なちょこちょこ乗りでした。

ちょこちょこ乗りは、スピードがあまり出ないうえにバランスを取るのが難しいのであまりいい乗り方ではありません。

初めてだとちょこちょこ乗りになりやすいので、りっちゃんとなっちゃんがやっていたようにまずは支えてもらいながら練習してみましょう。

初めてだと少し難しいかもしれませんが、怖がらずに大きく動かすことを意識してやってみてください。

支えてもらった状態で下半身を大きく動かせるようになって、上手く前に進むようになったら今度は支え無しでやってみましょう。

支えが無くなったら手を動かせるようになるので下半身と一緒に手を大きく動かすようにすると、スピードが出てバランスが取れるようになるので安定したツイスト乗りができるようになります。

ツイスト乗りの練習の終盤では、3人とも上半身と下半身をしっかり大きく動かして乗れるようになっていて、スラロームも楽々できるようになっています。

しっかりと練習すれば1日もかからずにあれだけ乗れるようになるので、リップスティック(ブレイブボード)に乗るのがとても楽しくなりますよ。

逆さ乗り

ツイスト乗りの後は逆さ乗りの練習をしていましたね。

3人ともビビリながら逆さ乗りにチャレンジしていましたが、なかなかうまくできていませんでした。

足を前後逆にしただけだしツイスト乗りができれば逆さ乗りも簡単だと思われがちですが、逆さ乗りはとても難しいです。

人間は基本的に利き腕や利き足などがあるので、はじめからその逆側で同じ動きができる人はほとんどいません。

しかし、逆側でも練習すれば同じ動きができるようになりますし、同じ動きができるようになれば体の左右のバランスが劇的に良くなるのでリップスティック(ブレイブボード)で練習してみましょう。

練習の最後の方ではよっちが逆さ乗りでスラロームができるようになっていました。

りっちゃんとなっちゃんは完全にできるようになっていたわけではありませんが、上達して少し長い距離を乗れるようになっていたので2人ももう少しで乗れるようになると思います。

リップスティックネオは乗りやすい!


練習を見ているとよっちが1番うまいから本番の50メートル走ではハンデ有りになりました。

りっちゃんとなっちゃんはリップスティックネオを使いますが、よっちはリップスティックミニを使うことに。

リップスティックネオを使った2人は少しミスはあったものの順調にゴールしました。

リップステックミニというハンデを背負ったよっちは、2人がミスしなかったツイスト乗りでミスをし、その後の逆さ乗りでもミスが続き最下位になってしまい、罰ゲームのデスソースを飲むことになってしまいました。

デスソースを飲む前にリップスティックミニではなくリップスティックネオでやることになり、よっちがコーンがたくさん置かれている状況でも見事にノーミスでクリアしたのを見ると、リップスティックネオの乗りやすさがよくわかりますし、よっちもリップスティックネオの方が乗りやすいと言っていましたね。

まとめ

ちょこちょこ乗りのデメリット

 

  • ほとんど体幹を鍛えられていません。
  • 多くの子どもが乗っているキッズモデルは、
    本体の小型化を優先し、本来の乗り方である
    “ツイスト乗り”が難しい構造になっているためです。
    引用URL:https://ride.braveboard.jp/
    ゴールデンエイジで差がつくブレイブボード 3つの乗り方

ちょこちょこ乗りのメリット

 

  • すぐに乗れる。

ツイスト乗りのデメリット

 

  • ちょこちょこ乗りで慣れていると乗りにくい

ツイスト乗りのメリット

 

  • スポーツの基礎となる体幹が、自然と育まれます。
    引用URL:https://ride.braveboard.jp/
    ゴールデンエイジで差がつくブレイブボード 3つの乗り方

さかさ乗りのデメリット

 

  • 乗るためにたくさんの練習が必要。
  • すぐに乗れない。

さかさ乗りのメリット

 

  • 進行方向のデッキに、どちらの足を置いても乗れるようになると、左右の身体バランスが向上します。
    引用URL:https://ride.braveboard.jp/
    ゴールデンエイジで差がつくブレイブボード 3つの乗り方

今回動画に出ていたボンボンTVの3人とも、短い時間で上達してリップスティック(ブレイブボード)に乗るのをすごく楽しんでいましたね。
この記事を読んだみなさんも3人のようにリップスティック(ブレイブボード)に乗って、楽しく運動してみてはいかがでしょうか。

-リップスティック
-, , ,

関連記事

リップスティック ネオ

リップスティックを練習するおススメの場所は?

リップスティックを購入したけど、家の前の道路や公園などで練習する人が多いと思います。たまには自転車や人に気にせず思いっきり練習したいと思いませんか。 お弁当を持って広いボードが練習できる場所で一日過ご …

運動神経は関係ない!すぐに乗れるリップスティック(ブレイブボード)

小学校のお友達が公園にリップスティック(ブレイブボード)を持ってきて遊んでいる子をみると、自分の子どももあんなに楽しそうに遊んでくれるなら買ってあげたいなと思いますね。 「うちの子は運動神経が鈍いから …

リップスティック(ブレイブボード)で速く走るコツとは?

日本だけでなく世界中の子ども達の間で大流行しているリップスティック(ブレイブボード) 公園などでよく見かけるようになりましたが、後ろ足だけをちょこちょこ動かして(ちょこちょこ乗り)、スピードがあまり出 …

親子関係が良くなる!?リップスティック(ブレイブボード)

お子さんと楽しい時間を過ごせておりますでしょうか? 忙しい日常に追われていると大切な時間の過ごし方をつい忘れがちですが、お子さんとの時間をしっかり取り楽しみたいですね。 今回はリップスティックを紹介い …

ママ必見!!リップスティックはダイエット効果あるかもー?

  季節の変わり目で温度差が激しいこの時期、お子さんともども体調にはくれぐれもご注意ください。 そして、どうしても寒くて外出が減る冬が終わると、知らぬ間に体重が。。などということがあるかもし …