本日の人気記事

子ども習い事

子どもの習い事はどうやって見つけてる?

投稿日:2018年10月27日 更新日:

子どもの習い事は、思い立ったときが始め時です。子どもの「やってみたい」という気持ちが冷めないうちに、良いスタートを切りたいものですね。しかし、いざ習い事を始めようと思うと、教室選びで悩む親御さんは少なくありません。特にスポーツ習い事では、できればいくつかの教室を比較してみて子どもに合ったところを選ぶ必要があります。ここでは、子どものスポーツ習い事をどのようにして見つけたらいいかをご紹介します。

どうやって教室を探せばいいの?

子どもの習い事を探すとき、インターネットは非常に便利です。いろいろな習い事の体験をまとめて申し込めるアプリや、子どもの習い事情報をまとめたウェブサイトなどを参考にしましょう。また、口コミも役立ちます。大きなスポーツクラブや子ども向けスポーツ教室は入会者も多いので、ネット上の口コミも多く見つけられます。

また、「ママ友」からの情報も有効です。知人同士なので忌憚のない意見を聞けるというメリットがあります。実際に通っている人の声を聞くことができるので、良い点も悪い点も参考になります。やってみたい習い事があるときは、「○○の教室を探しているんだけど、良いところ知らない?」と周りの人に聞いてみることをおすすめします。

ある程度情報が集まったら、ぜひ一度体験や見学に行きましょう。教室の雰囲気やレッスンの様子、子どもが楽しく通えそうかどうかなど、実際に体験してみないとわからないことは多くあります。一緒にレッスンを受けることになる他の子どもたちの様子も、ぜひ確認しておきましょう。

子どもの習い事選びのポイントとは?

子どものスポーツ習い事を始めるときは、まず最初に優先項目を整理しておきましょう。特に小学校低学年の子どもだと、親の送迎が欠かせないため「通いやすさ」「家からの距離」が重要です。例えば、筆者の場合は、「家から歩いて行ける範囲がベスト」と考えました。我が家は基本的に子どもの習い事へは徒歩か自転車で習い事に通います。悪天候の日や故障などで自転車が使えないこともあるでしょうし、子どもの学年が上がればゆくゆくは一人で通ってもらいたいので、あまり遠すぎないところであることが必須条件でした。

車での送迎やバスなど公共の交通機関での通学が苦ではなく、遠くてもやらせたいという習い事があるのであれば、多少遠い教室でも習い事を始めることはできると思います。ただし、いずれ子どもが大きくなってくると、それまで専業主婦をしていたお母さんが働き始めたり、現在の生活スタイルが変化してくることも予想されます。それでも通える習い事を選んだ方が、長く続けやすいということは言えると思います。

「家庭への負担」ということも、考えたいポイントです。月謝や入会金といった初期費用はもちろん、レッスンが始まってからも用具などがちょこちょこ必要になり出費が重なる習い事は少なくありません。子どものスポーツ習い事は、ユニフォームやカバン、シューズなど揃える必要があります。「思っていたよりお金がかかった」なんてことは珍しくないので、この点も考慮しておく必要があるのです。

試合や大会への参加が決まれば、会場への送迎、休日でも応援に行かなくてはいけないなど、親としてはお金だけでなく体力的な負担もかかります。子どものスポーツ習い事はレッスンだけでなく、不定期でこういった思わぬ負担がかかる場合がある、ということも覚悟しておきましょう。

子どもの習い事との相性を見極める!

子どものスポーツ習い事では、教室と子どもの相性を見極めることが非常に大切です。多少厳しいレッスンにも喰らいついていける子、自分のレベルに合った丁寧な指導を求める子など、子どもの性格に合った教室を選んであげる必要があります。スポーツ習い事は、どうしても技術の向上を求められる習い事なので、子どもがやる気を持って取り組めることが上達への近道となるからです。

体育会系でノリ良くレッスンが進むところがいいのか、できない子のペースにも合わせてくれるゆったりとした雰囲気のところがいいのか、子どもの様子やレッスンの内容を見ながら考えてみましょう。体験後は、子どもの意見も聞いてみましょう。「楽しかった」「また行きたい」などと言ってくれれば安心ですが、「もう2度と行きたくない」「先生がイヤ」なんて言われてしまうケースもあります。通うのは子どもなので、親が良さそうな教室だと思ったとしても、子どもの意見を優先してあげることをおすすめします。

ただし、子どもが気に入った教室でも、即決しない方がいいケースもあります。例えば、コーチと子どもの「距離」が近すぎてレッスンがお遊びのようになっている場合です。お友達感覚で馴れ合いになってしまうのは、親としては不安が残りますね。

また、子どものレベルより優しすぎるレッスンだった場合も、一度考えてみる必要があります。子どもにとっては「こんなにできて嬉しい」と思える教室ですが、簡単すぎるレッスンでは得られるものがあまり多くないですよね。少し難しいくらいのレッスンの方が、子どもの成長が期待できます。指導レベルの見極めが上手なコーチの方が、子どもを伸ばしてくれます。

まとめ

毎月の月謝や年会費など、子どものスポーツ習い事には決して安くはないお金が必要です。せっかく始めるなら、かけた費用がムダにならないような教室を選びたいですよね。今回ご紹介したポイントを踏まえて、後悔のない子どものスポーツ習い事選びを実現してみてくださいね!

 

-子ども習い事
-, , , ,

関連記事

人気の習い事、気になる費用は?

子どもが幼児くらいになると動きも活発になり、なんでも自分でやりたがったり、自分の意思がしっかりしてきたりしますね。 そうなると、幼稚園や普段の生活だけでは力を持て余してるんじゃないか。そろそろスポーツ …

子どもの習い事のおすすめは?野球編

昔は子どもたちが数人集まったら、野球が始まったものですが、場所も人もいなくなった今では、どこかのチームに所属しないと野球をするのは難しくなってしまいました。 ややサッカーに人気は押されぎみですが、元野 …

兄弟姉妹の習い事は同じがいい?違う方が良い?どっち

兄弟や姉妹に習い事をさせる時にまず第一に考えるのが、同じ習い事をさせるか別々のものにするかだと思います。どちらが良いのか悩んでしまいます。 親の負担を考えると同じ習い事をさせると送迎が楽だったり、会費 …

子どもの習い事おすすめは?スイミング編

子どもの習い事の中でも人気No1のスイミング。みんながやっているからこそ、本当にやっておくべき習い事なのか、スクール選びはどんなところに気をつければいいのか、気になるところです。 スイミングを習うメリ …

子どもの習い事やる気スイッチをON!親の関わりで子どものやる気は全く違う!

習い事をしている子どもには、やる気満々で取り組む子どもとイヤイヤ通う子どもがいます。両極端ですが、やる気1つで子どもの習い事での吸収率に大きな違いがでてきます。 同じように子どもの習い事をするのであれ …